オンカジ攻略!オンラインカジノ虎の巻、カジノ選び、登録、入金、プレイ、これだけ見ればOK!

オンカジ攻略!オンラインカジノ虎の巻メニュー, ネットカジノ

オンカジ攻略!虎の巻 - 攻略法編。オススメの「A式バーネット法」で夢とドキドキ!

イメージ 記事とは関係ありません

夢とドキドキ感!「A式バーネット法」

楽しくエキサイティング
ベッティングシステムは大きく分けると、勝った時に賭金を増やしていく方法と、その逆に負けた時に賭金を増やしていく方法がありますが、この方法は勝った時に波に乗る為の方法です。運や出目には流れや波がありますが、その波にのり、良いタイミングで大きく勝金を増やす方法は、実に快感です。

使いかた
1回目︓ 1(ユニット)をベット
 ▼
2回目︓ 1回目に勝った場合には、3ユニットをベット(負けた場合は1回目へ戻る)
 ▼
3回目︓ 2回目に勝った場合には、2ユニットをベット(負けた場合は1回目へ戻る)
 ▼
4回目︓ 3回目に勝った場合には、6ユニットをベット(負けた場合は1回目へ戻る)
 ▼
5回目︓ 4回目が勝ちで、かつ手持ちトータルチップ量がスタートチップ量よりも5ユニット以上プラスの場合は1ユニットの金額を1.5倍に変更して1へ戻ります。(負けた場合はそのまま1回目へ戻る) その後も、負けた場合は最初(1ユニットを最初の金額へ戻し一回目)に戻します。

終了回︓ 勝利を守るハーフストップ
最も手持ちチップ量が増えた時点から儲けが半分になった時点でストップです。例えばスタート10万円で20万円(勝金10万)になり、その後、負けていった場合は、残高15万円(勝金5万円、10万円の半分)でストップです。もちろん勝金が半分になる前にストップしてもかまいません。 小さな勝利も受け入れましょう

※1ユニットは最低でも自分の全チップの30分の1未満。最初に合計3万円分をチップにするなら1ユニットは千円未満、30万円分なら1ユニットは1万円未満。

特 徴
4回連続して勝つと一気に12ユニット増えます。8回連続の場合は、33ユニットを獲得できます。また、この方法の弱点は、2回目の負けの多発です。1回ずつ交互に出目が入れ替わる場合はかなり早くにパンクします。しかし弱点パターン(表裏が一回ずつ交互に出現)でさえなければ4回連続して勝たなくてもかなりの長期間、それほど手持ちのチップ量が変わらない状態でプレイを継続しチャンスを待つ事ができます。その間にちょこちょこ減っていってしまい12ユニット程度減っても4回連続して勝てば自動的に取り戻せます。この方法は実はまったく複雑では無くある意味では逆マーチンの変形ともいえるかもしれません。

使ってみよう
実践あるのみです! 実践してみてこその攻略法です。実際に何度も使ってみてからこそ、攻略法のメリット、デメリット、そして深さも、色々と見えてきます。
 ▼
オンラインカジノ(ワイルドジャングル)のトップページへ

詳細な説明
この方法の二回目3ユニットは、一回目でベットした金額と勝金にさらに1ユニットをのせた金額で、ここで負けた場合は一回目と二回目に連続して負けた場合と同じ2ユニットの負けです。三回目の2ユニットのベットは、1回目と2回目で勝った分の半額なので、負けても1回目と2回目の合計勝金の半分は手元に残ります。そして三回目も勝った場合は醍醐味の四回目6ユニットベットが楽しめます。ここで勝つと12ユニット増えますし、負けても1~3回目までの直近三回の勝金分を失うだけです。四回目はけっこうドキドキします。このドキドキ感はとても楽しく、さらに勝てば最高で、もしその際にユニットを増額変更できる状態ならさらに夢とドキドキ感は継続します。仕事が多忙でカジノプレイをしばらくしていなかった時に久々にプレイすると、このドキドキ感を感じ「カジノはたのしい、実に良い」と思います。勝ち負けはとても重要でそれに向かって考えプレイをしていますが、このドキドキ感は勝ち負けよりもずっと重要だ!とさえ言いたくなります。